Youtubeでライブ配信をやってみた

ライブ配信するまでの準備

Youtubeはご存じの通り、無料で動画の視聴および投稿ができるサービスです。そのため、生配信をする際にもサービスの利用料金などはかかりません。ただし、無料・有料問わず配信に必要なものは準備しておく必要はあります。そこで、まずはYoutubeでライブ配信するために準備すべきもの、始める手順について解説していきます。

必要なもの

Youtubeはあくまで配信プラットフォームであり、配信する映像をアップロードするためには、別に配信用のソフトウェアを用意しなければなりません。例えばゲーム関連のライブ配信をしたいと考えるのであれば、配信ソフト側でゲーム画面のキャプチャ、マイク音声・ゲーム音声の取り込みを行い、ソフト上でエンコードしている映像をYoutube側に発信すると、ライブ配信の準備が完了となります。マイクなどもあれば良いですが、配信自体は配信ソフトがあれば可能です。

配信方法

Youtubeでライブ配信する方法として、最も手軽なのはホーム画面から開始する方法です。まずYoutubeのトップページにアクセスし、ヘッダー部分の右側に4つのアイコンがあることを確認します。その中から一番左にビデオカメラのアイコンがあるため、それをクリックすると、[動画をアップロード]と[ライブ配信を開始する]という2つの項目が出てきます。ここで[ライブ配信を開始する]を選択すると、ライブ配信の設定画面に移行できます。ただし、ライブ配信などをするためには電話番号確認など個人確認が必要となるので、先に済ませておくようにしましょう。配信方法について設定できますが、配信ソフトを使う場合は[エンコーダ配信]を選択し、配信画面に移行してください。ストリームキーの設定や、Youtubeフォーマットでソフト側から配信を開始すれば、自動でYoutubeライブも開始されます。

いいところ

Youtubeライブの良かったところは、やはり無料であるところです。ライブ配信が有料コンテンツとなっているサービスも少なくない中、制限・制約なしに無料で配信できるのは、ライブ配信初心者にとってうれしいポイントだと言えます。また、高画質での配信に対応しているのも魅力です。一部の配信サービスはサーバーの負荷を軽減するため、低画質の映像配信しか対応していないことも珍しくありません。Youtubeは4Kでのライブ配信にも対応しているため、高画質・高品質な配信をするのにも最適です。ただし、ある程度のインターネット環境が整っていないと、高品質な映像のアップロードに時間がかかり、ライブ配信がカクつく原因になります。例えばアップロード速度が50Mbps程度しかない場合は、FHDないしHDでの配信を検討すべきでしょう。

悪いところ

Youtubeライブで不便だと感じたのが、配信する際のエンコード設定を緻密に調整しなければならないところです。基本的にYoutubeで配信する場合、映像の解像度や品質、ビットレート、フレームレートなどの推奨値が決定されています。しかし、推奨値に設定したとしても、意図せず配信が低画質になってしまったり、アップロードがスムーズに進まず途切れ途切れになったりするものです。配信ソフト側ではキレイに画面が映っていても、Youtubeライブの視聴画面で大幅に品質が劣化していることはよくあります。ライブの配信者は視聴者側にどのような画面が映っているのか手軽に確認できる術がないため、視聴者に指摘してもらえない限り、配信の品質が崩れていることに気づけません。

厄介な問題ではありますが、設定の要点を守っていれば対応することも可能です。まず、配信のフレームレートが高いとカクつく可能性も高くなるため、フレームレートは60FPSではなく、できれば30FPS近くに設定しておきましょう。そして、解像度はFHDに設定し、ビットレートは3000ほどにしておくのが理想です。何も設定せずライブ配信を始めるとモザイクのような画面が配信されてしまうので、事前に上記のような設定に変更しておく必要があります。