企業としてライブ配信をする時の注意点とは?

企業の魅力を世間に伝えたり、商品をPRするために企業としてライブ配信をしようと考えている方もいるでしょう。企業でライブ配信をする時は、様々なことに気を付ける必要があります。そこで、今回は企業や広報がライブ配信を行う上で注意するポイントやライブ配信のマナーなどをご紹介していきます。配信を始める前にチェックしましょう。

配信を行う場所に配慮する

企業がライブ配信を行う時は、どこを撮影場所にするかが大切になってきます。まず第一に、話していることがきちんと視聴者に伝わるように、静かな場所で行う必要があります。ライブ配信でよくあるトラブルとして、音声が聞き取りにくいということが挙げられます。せっかくライブ配信をしてPRをしようとしているのに、大切な部分が伝わっていなければ意味がありません。そのため、会社の中でライブ配信に適している場所があるかをチェックして、配信中は大きな音をたてないように気を付けましょう。

そして、背景にも気を使う必要があります。関係ないものがごちゃごちゃしている場所でライブ配信を行うと、話に集中してもらうことが出来なくなってしまいます。他にも、大切な書類などが見えてしまうトラブルに発展する可能性も出てくるため、ライブ配信を始める前に余計なものが映っていないかの確認は必須です。

また、ライブ配信で起こりがちなトラブルとして、回線が切れて映像や音声が途切れ途切れになってしまうことも挙げられます。そういうトラブルが発生すると、視聴者が待ちきれずにどんどん離れていってしまう可能性があるので避けなければいけません。ライブ配信で使おうと考えている機材は正常に作動するかを事前に確認することが大切です。

視聴者の立場に立つ

ライブ配信は視聴者に向けて行っているものですから、常に視聴者の立場に立った言動が必要になります。企業側の考えを押し付けたり、失言があったりすると視聴者離れが起きてしまう可能性が高いです。それだけではなく、ライブ配信は生ですから失言をしてしまっても取り消すことが出来ません。配信中の言動によっては、企業のイメージを下げてしまうことも十分に考えられます。「多くの人に見られている」という意識をしっかり持って、自分の発言に責任を持つことが大切です。

また、ライブ配信をするメリットは、視聴者とコメントなどでやり取りが出来るということが挙げられます。そのメリットを活かさず、一方的に話すだけだと視聴者は置いてけぼりをくらったような感覚になってしまうかもしれません。些細なことでも企業イメージにつながってしまうため、時間を割いてライブ配信を見に来てくれているという自覚を持ち、視聴者とのやり取りを大切にしていくといいでしょう。

配信の流れを計画しておく

ライブ配信は編集することが出来ないため、流れをしっかり決めておかないと間延びしてつまらない印象を与えてしまうことになります。話すことがまとまっていなかったり、企画として成り立っていなかったりすると、視聴者の興味を惹きつけることは出来ないでしょう。ライブ配信は何のために行うのか、どの層をターゲットにしているのかを明確にしておくと、配信の流れが決めやすくなります。時間に余裕があるようであれば、一度簡単にリハーサルをしてトラブルが起きないように準備しておくのがおすすめです。

また、ライブ配信に出演する全員が流れを把握できるよう、台本を作っておくと安心でしょう。そして、あらかじめ配信時間を決めることにより、まとまった印象を与えられるようになります。ライブ配信が終わったあとも気を抜かず、きちんと配信を終了できているかを確認することが必要です。手違えで配信されたままというトラブルが起きる可能性がありますので気を付けましょう。