人気動画サイトでライブ配信を行う上での注意点とは?

ライブ配信を行う日本企業が増えてきました。簡単な機材を揃えるだけで、世界中のユーザーに向けて自社のコンテンツをリアルタイムで宣伝出来ます。人気動画サイトという媒体を選ぶ事で、不特定多数のユーザーに対して効率的なプロモーション活動が実現します。一方でライブ配信を行う上ではいくつかの注意点があり、トラブルを未然に防ぐためにはその確認と遵守が必要です。どういった点に気を付けたら良いかを見ていきましょう。

ライブ配信前にリハーサルを行う

ライブ配信前に、入念にリハーサルを実施する事がライブ配信の成功には欠かせません。リハーサルを全くしないで本番に臨むと、高確率でトラブルやケアレスミスが起きます。MCや出演者の方がテキストを読み間違えたり、番組の企画への理解が不十分であったり、進行の順番を間違えてしまったりと現場が混乱する可能性が高いです。人気動画サイトでのライブ配信は文字通り、世界中の不特定多数のユーザーに向けて配信されます。ケアレスミスやトラブルが頻発する様子を世界中の消費者やクライアントに見せてしまっては、宣伝効果が得られるどころか、反対にネガティブなイメージを与えかねません。番組製作の関係者や出演者が事前にリハーサルを実施して、番組の最初から最後まで一度演通してやってみる事が大事です。リハーサルを実施する事で問題点が浮かび上がる事も多く、本番前に気になる点を修正する事でより上質なライブ配信が行えるでしょう。

ライブ配信に向けて専用の空間を設ける

ライブ配信は言わばテレビの生放送番組と同じで、一度画面に映り込んだものや流れた音声などは後で編集する事が出来ません。社内の一角でライブ配信を実施する際は、まず背景に要注意です。カメラに企業秘密の製品や社外秘の文章などが映りこめば、それがライブ配信を通して世界中のユーザーに見られてしまいます。作業の音などがライブ配信番組に入ってしまうのも好ましくありません。番組出演者のコメントに工事の音が被さってしまえば、せっかくのライブ配信が台無しです。

また、社内で働く無関係なスタッフの姿や声がライブ配信に入るのも避けなければいけません。ライブ配信を実施する際は、会議室や倉庫などを丸々一室改装して、専用の空間を設けた方が安心です。テレビ番組のスタジオのように、一室丸々収録用のスペースにする事で無関係な音や物が映りこむリスクを無くせます。ライブ配信中は部屋の内側からロックをかける事で、事情を知らない社員や関係者がうっかりライブ配信に写り込むといったトラブルも避けられるでしょう。

不特定多数のユーザーに見てもらえる工夫を施す

テレビ番組同様に、企業が実施するライブ配信番組も視聴者数が大事です。ライブ配信を実施する主な目的は自社のプロモーション活動であり、なるべく大勢のネットユーザーに見てもらう事が鍵となります。いわゆる素人である社内の広報スタッフが淡々とプレゼンテーションをするスタイルでは、目の肥えた今日のネットユーザーを呼び寄せる事は難しいかもしれません。ライブ配信の目玉となる人気タレントや業界の有名人に配信に加わってもらう事で、視聴者数の増加が期待できます。実際、人気テレビ番組もメインのレギュラー陣に加えて、毎回新鮮な印象を与えるために人気アイドルや旬のお笑い芸人などをスタジオにゲストとして呼んでいます。

素人である広報スタッフが商品の説明や実演などを行うと、いわゆるグダグダした印象の番組になりやすいので要注意です。広報スタッフは番組の進行や商品の紹介に徹して、実際に自社の製品を実演したり、質問をする役割は人気タレントや有名人の方に任せればメリハリのきいたライブ配信が出来るでしょう。特にメディアの出演経験が豊富な人気タレントやお笑い芸人は喋りのプロでもあり、自社製品を面白おかしく取り上げながらも的確にその特徴やメリットを紹介してくれます。タレントや芸人さんのファンの方々がライブ配信を見に来てくれる可能性も高く、初回からでも視聴者増加に貢献してくれるでしょう。